不動産投資物件チェック

不動産投資物件チェック項目をまとめてみた

不動産投資物件購入前のチェック項目。

1.立地

重要なのは、駅からの距離と利便性。
・駅からの距離
・利便性

そして、次に、
・治安
・災害

災害は、洪水や土砂崩れなどの危険性など。

2.老築化・老朽化

外観の汚れやひび割れ、外構、内装設備など、メンテナンスが必要かどうかをチェック。
築古で老朽化が進んでいる物件で内見ができない場合は、オーナーに過去の修繕履歴や水回りの状態などヒアリング。

3.管理状況

管理状況の悪い物件というのは結構あり、そんな物件は、購入後の修繕費用がかさむので注意が必要。

しかし、安く購入できるのであれば購入後リフォームをかけ管理状況を改善することで、優良物件に化ける可能性あり!
ガラガラの物件をあえて購入して、リフォームして成功するパターンの有名な大家さんがいましたね。

4.間取り

間取り図で見るのと実際の部屋を見るのとでは印象も違います。
間取り図そのものが間違っている場合もありますので、怖いです。
流行りの間取りじゃない場合は、リノベーションなどで改善できるかどうかも見学の際に判断できます。

5.周辺地域の空き状況

これから購入しようとしている物権と同じ築年数、間取りの物件の空き状況をチェック!

6.周辺地域の家賃相場

空き状況と同じく、周辺地域の家賃相場もチェック!

7.隣地との境界線 

いざ購入するその前に。
隣地との境界線や、越境しているものがないか、フェンスやブロック塀などはどちらの所有物なのか、購入後、近隣住民とトラブルにならないよう、しっかり確認。

About the author

不動産投資界隈の出来事を観察するという変な趣味の持ち主。よろしくお願いいたします。