不動産物件購入時の諸経費

物件価格だけじゃない!不動産投資物件を購入する際にかかる諸経費まとめ

最も大きいのは仲介手数料、そして購入後、忘れた頃にやってくる不動産取得税です。
必要な自己資金の確認のためにも要チェックです。

1.仲介手数料

不動産仲介業者に支払う手数料は、国によって基準が定められています。 仲介手数料は物件の価格によって金額が変わります。 
・400万以上の物件は売買価格の3%+6万円
・200万以下の物件は売買価格の5%
・200万から400万の物件は売買価格の4%+2万

2.契約印紙代

不動産売買契約、ローン契約などの契約書を作成するときに、取引金額に応じて課税される税金です。契約書1通ごとに所定の印紙を貼り、消印することで納税します。

3.登録免許税

所有権を登記する時などにかかるのが登録免許税(国税)。 所有権の保存登記(新築)は、不動産の価格×0.4%(軽減税率 0.15%) 所有権の移転登記(中古)は、不動産の価格×2.0%(軽減税率 0.3%)

4.ローン関係費

ローン手数料:金融機関によって3~5万円の事務手数料。
団体信用生命保険料:債務者(借りる人)に万一のときのために入る保険。ローン返済金利に含まれる場合と別途支払う場合とがあります。 

5.不動産取得税

不動産を取得した人に課税される都道府県税。 不動産取得税の課税標準は固定資産税評価額(固定資産税台帳に載っている不動産の評価額)。標準税率は3%。 不動産を取得した日から30日以内に 市町村を通じて、総合振興局、振興局又は道税事務所に申告する必要があります。

6.火災保険料・地震保険

購入する不動産にかける火災保険費用。地震保険は任意ですが、入っておくに越したことはありません。

7.消費税

物件の土地以外の建物部分にかかる消費税8%。

上記の諸経費を合計すると、およそ物件価格の7%から10%程度が目安です。

About the author

不動産投資界隈の出来事を観察するという変な趣味の持ち主。よろしくお願いいたします。