収益物件の種類|アパート経営情報サイト 大家さんドットコム

HOME > アパート購入ガイド「収益物件の種類」

収益物件の種類

アパート以外にもいろいろな種類の収益物件があります。
区分所有、一棟、店舗付住宅など、それぞれどういったものなのか紹介します。

収益物件の種類

アパート(一棟)・・・アパートを丸ごと一棟
マンション(一棟)・・・マンションを丸ごと一棟
店舗付住宅(一棟)・・・住宅の一部が店舗になっている物件一棟
店舗事務所(一棟)・・・建物が事務所や店舗になっている物件一棟
ビル(一棟)・・・ビルを丸ごと一棟
マンション(区分所有)・・・ マンションの一室を所有
店舗(区分所有)・・・建物の店舗部分を所有
事務所(区分所有)・・・建物の事務所部分を所有
店舗事務所(区分所有)・・・建物の店舗と事務所部分を所有 

次に、一棟買いのアパートと区分所有マンションのメリットデメリットを紹介します。

1棟買いアパートのメリット

・戸数が多いので空室リスクが分散される
・利回りが高い
・融資が付きやすい(土地の担保があるため)
・修繕が自由にできる

1棟買いアパートのデメリット

・購入時の費用が高い
・環境悪化や災害時に全室に影響が及ぶ可能性がある

区分所有マンションのメリット

・少額の資金で始められる
・売りやすい(収益物件ではなく、住宅としても販売可能)
・地域を分けて複数所有することでリスクを分散しやすい

区分所有マンションのデメリット

・空室リスクが高い
・大規模修繕や外装工事などは自分一人で決められない
・マンション管理組合に支払う管理費・修繕費がかかる

融資を組んで始める場合、区分マンションだと一室だけなので、空室の間どうしても持ち出しでローン返済せざる追えません。