アパート・マンション賃貸経営スタートアップガイド

4.収益物件の種類いろいろ

収益物件を探していると、様々な種類があることに気がつくと思います。
区分所有、一棟、店舗付住宅など、それぞれどういった内容なのかざっと確認しましょう!

アパート(一棟)・・・アパートを丸ごと一棟
マンション(一棟)・・・マンションを丸ごと一棟
店舗付住宅(一棟)?・・・住宅の一部が店舗になっている物件一棟
店舗事務所(一棟)?・・・建物が事務所や店舗になっている物件一棟
ビル(一棟)?・・・ビルを丸ごと一棟
マンション(区分所有)・・・ マンションの一室を所有
店舗(区分所有)?・・・建物の店舗部分を所有
事務所(区分所有)?・・・建物の事務所部分を所有
店舗事務所(区分所有)?・・・建物の店舗と事務所部分を所有

さて、一棟買いのアパートと区分所有マンションどちらがお得なのでしょう?

1棟買いアパートのメリット

・戸数が多いので空室リスクが分散される

・利回りが高い

・融資が付きやすい(土地の担保があるため)

・修繕が自由にできる

1棟買いアパートのデメリット

・購入時の費用が高い

・環境悪化や災害時に全室に影響が及ぶ可能性がある

区分所有マンションのメリット

・少額の資金で始められる

・売りやすい(収益物件ではなく、住宅としても販売可能)

・地域を分けて複数所有することでリスクの分散

区分所有マンションのデメリット

・空室リスクが高い

・大規模修繕や外装工事などは自分一人で決められない

・マンション管理組合に支払う管理費・修繕費がかかる


どちらが良いというものではありませんが、土地のある一棟物は出口戦略として更地にして売ることができます。ファミリー向け区分所有マンションであれば住宅として売ることができます。
出口も考えた投資を心がけるとよいでしょう!

アパート・マンション賃貸経営の基礎知識

アパート・マンション賃貸経営スタートアップガイド

競売でアパート経営