アパート経営と賃貸管理会社

 

賃貸管理会社

アパートの運営は賃貸管理会社へ

入居者退去・募集、リフォームや修繕の手配、突然のトラブル対応、アパート経営は手間が掛かるものです。決して不労所得ではありません。
しかし、それらを代行して管理してくれる賃貸管理会社を利用すれば、限りなく不労所得に近い状態を実現できます。

賃貸管理会社との主な契約内容について紹介します。

サブリース・一括借り上げシステム

管理会社が物件を借り上げて、家賃収入を保証してくれるサービスです。
委託費は、家賃収入の10%~15%程度。一定期間ごとに契約条件を見直します。
収支が悪い物件の場合サブリース契約を解除されることもありますので注意が必要です。
オーナーとしてやることはほぼありません。

賃貸管理

入居者募集から、契約更新、物件修繕、滞納対応など、管理業務を管理会社に任せることができます。滞納時の家賃を保証するサービスを提供する業者もあります。費用は、家賃収入の5%程度。
オーナーが行うことはほとんどなく、サラリーマン大家、兼業大家にお勧めです。

集金代行

文字通り集金して大家さんに支払うというもの。
入居者の募集時は、賃貸仲介・媒介を利用することになります。
それ以外の管理は大家自らが動かなければなりません。代行手数料は3%程度。

賃貸仲介・媒介

入居者の募集を行うサービスです。普段の管理、リフォーム、トラブル対応などはオーナー自身で行います。賃貸を仲介した業者は、手数料としてオーナーから家賃一ヶ月分を受け取るのが通例ですが、地域によって慣習が異なります。

【一般媒介契約】
入居者募集を複数の不動産業者に依頼することができます。
オーナーが自分で入居者を見つけ、契約することも可能です。

【専任媒介契約・専任専属媒介契約】
入居者の募集を1社の不動産業者に依頼します。
専任媒介であれば、オーナーが自分で入居者を見つけることが可能です。しかし、専任専属媒介契約の場合は、入居者の募集から契約まで不動産業者1社にすべて任せることになります。

アパート・マンション賃貸経営の基礎知識

アパート・マンション賃貸経営スタートアップガイド

競売でアパート経営