アパート経営11の魅力・メリット

 

こんなにたくさんあるパート経営の魅力・メリット

(1)金銭的なストレスからの解放

仕事の他に収入があるという精神的安定。金銭的なストレスからの解放。

(2)副業に最適。管理会社に任せて自分は判断を下すだけ

管理会社にすべてを任せることが出来るので、手間がかからない。副業に最適。
海外でもどこからでも管理が可能。

(3)融資が受けられる

アパート経営は事業として融資が受けられる。株やFXは投資的意味合いが強く銀行からの融資は受けられません。

(4)小額の資金から投資が可能

株やFXで本当に儲けようとしたら、まず手元に100万~300万は必要です。
実は不動産への投資も同じくらいから十分スタートできます。銀行の融資を利用することで、自己資金の3倍から5倍の物件を購入することが出来ます。

(5)家賃収入でローン返済

アパート経営では、銀行のお金でアパートを購入または建築し、入居者からの家賃収入でローンを返済します。このように自身の出費を最小限に抑えて、資産の形成を勧められるのもアパート経営のメリットの一つです。

(6)失業保険、医療保険の代わりに

万一自分が失業したり入院して長期の治療が必要となっても、その間アパートは働いてくれます。失業保険・医療保険の代わりになります。

(7)生命保険の代わりに

一家の大黒柱を失ってもアパートは家族のために働いてくれます。生命保険の代わりになります。団体信用生命保険(団信)があるのでローンが家族に残ることはありません。

(8)努力次第で収益アップが可能

アパート経営は大家の手腕で経営状態を改善することができます。空室の目立つ物件でも、管理状況やリフォームなどで満室にすることも可能です。他の投資と比べても柔軟で融通の効く投資といえます。

(9)世界情勢に左右されにくい

サブプライムローン、ギリシャショックでも円安でも家賃の金額は微動だにしません。

(10)節税効果があります

建物や設備の減価償却費用で所得税が安くなり、固定資産税・相続税なども節税になります。また事業主であれば減価償却で赤字になるような物件を持つことで、本業の所得税を減らしつつ資産形成ができます。

(11)インフレ対策になります

物価が上昇し、紙幣の価値が下がってしまうインフレが起こった場合、貯金しているお金の価値は下がりますが、不動産や家賃は上がる傾向があります。


アパート経営は、上がるか下がるかのギャンブルではありません。
ギャンブルに銀行は融資をしません。
銀行は、不動産という担保価値、資産価値に融資をするのです。
銀行も認める資産を、銀行のお金と入居者からの家賃収入で手に入れられるのがアパート経営です。

アパート・マンション賃貸経営の基礎知識

アパート・マンション賃貸経営スタートアップガイド

競売でアパート経営