アパート経営のリスク | アパート経営情報サイト 大家さんドットコム

HOME > アパート経営基礎知識「アパート経営のリスク」

アパート経営のリスク

金利上昇のリスク

現在のような低金利がいつまでも続くとは限りません。景気回復、またはインフレから来る金利の上昇なども考えられます。金利上昇時においても余裕のある返済計画が必要となります。今後金利上昇が予想される場合は、あらかじめ固定金利での融資を検討しましょう。

地震・災害のリスク

火災や地震、台風などの自然災害の被害に備えて、保険などに加入しましょう。

空室や家賃滞納、入居者トラブルのリスク

アパート経営者を悩ますのが、空室や滞納問題、入居者のトラブルです。 空室はリフォーム、募集の手配などどれだけ早く対応できるか、また空室にならないような対策を講じられるかがポイントです。滞納は放置せずに請求をしっかり行うこと。場合によっては、契約書に則って退去勧告をする必要もあります。 兼業大家であれば、こうした運営作業は賃貸管理会社に代行してもらうことをお勧めします。

換金性が低い

不動産は、株や外貨のような投資と違い換金性が低い商品です。 急にお金が必要になっても、すぐに売却先が決まるとは限りません。

建物老築化によるトラブル

アパート経営において建物の老築化は避けて通ることができません。 雨漏りやひび割れ、塗装の剥がれ、金属部分のさびなど様々な問題が発生し、周辺物件に比べて競争力も低下します。中古の収益物件を購入する際は、すぐにメンテナンス費用が発生することを考慮して資金計画を建てる必要があります。