アパート経営と税金の話

 

アパート博士

アパート経営は税金面でお得!

アパート経営は、遊休地などと比べて優遇されている税金も多く、節税対策として利用できます。

不動産取得税

不動産を取得した人に課税される都道府県税。不動産取得税の課税標準は固定資産税評価額(固定資産税台帳に載っている不動産の評価額)。標準税率は3%。

固定資産税

固定資産税とは、固定資産(土地、家屋、償却資産)に対して、 その価格を課税標準額として、 その所有者に対して課税される市町村税です。 毎年1月1日現在を基準として、その時点で固定資産を所有している所有者に対して課税されます。

ここが節税!
税率は 遊休地などと比べて1/6~1/3軽減。

都市計画税

都市計画税とは、市街化区域内の土地・建物にかかる税金。税額は課税標準額の標準率0.3%。

ここが節税!
固定資産税と同様に税率は 遊休地などと比べて1/6~1/3軽減。

登録免許税

所有権を登記する時などにかかるのが登録免許税(国税)。
所有権の保存登記(新築)は、不動産の価格×0.4%(軽減税率 0.15%)
所有権の移転登記(中古)は、不動産の価格×2.0%(軽減税率 0.3%)

消費税

物件の土地以外の建物部分にかかる消費税5%。

相続税

相続税とは、亡くなった方の財産を取得した時や遺言によって財産を取得した時に発生する税金。

ここが節税!
遊休地にアパートを建てると土地の評価額が20%軽減。建物にかかる相続税は建築したアパートの評価も建築価格より50%軽減。さらに、賃貸アパートにすることで評価額は30%軽減されます。

アパート・マンション賃貸経営の基礎知識

アパート・マンション賃貸経営スタートアップガイド

競売でアパート経営