東京中古ワンルームマンション投資はローンが活用できる②

こんばんは。

東京中古ワンルームマンション投資アドバイザーの田島です。

先日、東京中古ワンルームマンション投資はローンが活用できるという話をしました。
今回は、私の場合についてお話ししたいと思います。

会社員の方であれば年収の約5倍くらいまで融資してくれます。

当時の私の年収は約600万円位でした。ですので目安として3,000万位の融資が可能でした。

ですが実際は4,000万円近い金額を融資していただきました。

融資先は、
東京海上日動火災保険株式会社

それと連帯保証会社をつけます。
株式会社ジャックスです。

西武新宿線武蔵駅から徒歩5分のところにある日神パレステージ武蔵関公園と言うワンルームマンションがあります。

この物件は850万円でした。ローンを組む場合、頭金を

物件価格の5%(約40万円)

諸経費約50万円(登記費用、収入印紙代、土地取得税など)の

約90万円位で購入しました。

比較的安い値段で不動産投資をできることに本当にびっくりしました。

90万円を定期預金等に集めていて1年間でどれくらいの利息がつくでしょうか?

株式投資で90万円を元手にどれくらいの売却益を出すことができるでしょうか?

この時ローンを活用すること。
つまり他人のお金を活用すること。
レバレッジを活用することができることに本当に感激しました。

この時ほど会社員であってよかったと常々思っております。

会社員の方が不労所得を築くもっとも1番の近道は、東京中古ワンルームマンション投資だと私は思っております。

苦節10年の不動産投資アドバイザー 田島

苦節10年の不動産投資アドバイザー 田島

東京都在住 38歳 ロバート・キヨサキ氏「金持ち父さん貧乏父さん」を読んで、世の中に「権利的収入」という収入形態があることに衝撃を受ける。まず、行動したことがネットワークビジネスをすることであった。しかし、このビジネスに付随する「負のイメージ」に打ちのめされる。それだけならよいが、ご縁があった人との人間関係が途絶えてしまったこともあった。この時自分という存在が否定された気持ちになり、劣等感、敗北感を植え付けられた。
 そして、自分が不妊体質であることが発覚する。不妊治療は、保険適応されないことから全て自費(1回約100万円)であった。給与から治療費を捻出できないわけではなかったが、金銭的ストレスを感じていた。長期戦になることを覚悟するとともに、この戦いに勝つために継続的に治療費を捻出できる権利的収入があれば・・・・と心底感じ、切実な気持ちでいた。
 そんな中、東京中古ワンルームマンション投資に出会う。必死に取組んだ結果、5年間で東京23区に5戸の物件を所有する。
 現在約36万円の家賃収入を手にしており、自分が不妊治療という「お金の問題」を抱えていたが、世の中にはたくさんの方が様々な「お金の問題」を抱えていることから、そんな方達の相談に応じている日々である。
カテゴリー: 未分類   パーマリンク