新築か?中古か?

おはようございます。

苦節10年の田島です。

「さつまいも」って、
凄いっスよ!!
何が凄いって、
その栄養価!

さつまいもには、
セルロースという食物繊維が豊富!
ジャガイモの約3倍の含有。

さつまいもを
切った時に出る
白い液体は、
「ヤラピン」という成分。

この成分、共に
腸内の掃除役を担っています。

便秘解消に一役貢献してます。

最近、ハマッた食べ方は、
ヨーグルトと一緒に食べること。


食物繊維とヨーグルトの乳酸菌の
腸内での出会い

乳酸菌
「食物繊維さん私はあなたをずっと待ってましたわ

食物繊維
「そうかい?乳酸菌、俺と一緒に付いてきてくれるかい?

乳酸菌
「お供しますわ。」

そして、二人はゴールイン。
そんな私は、スリムドカン

本題です。

「なぜ中古なのか?」

新築ではなく、
中古をオススメします。

中古の場合、
新築と比べて価格が手頃です。
高利回りが期待できます。

新築ワンルームの価格は
都心の地価の上昇による
仕入価格の高騰により、
さらに上昇傾向が続くと思います。

新築の場合、
新築時は比較的高く賃料を
設定できますが、
入居者が退去すると
中古扱いになるため、
賃料が下がります。

物件価格自体も
一度登記されてしますと、
新築時と比較して
20から30%ほど下落します。

中古物件の場合は。
ここ10年ほど賃料に
変化はありません。

建物がすでに
稼動していますので、
建物の管理状況や
過去の修繕履歴、
入居状況を確認してから
購入することができます。

私の物件も、
オーナーチェンジが何回あったのか?
賃貸中か?空室か?
などの状況を把握できました

入居者がまだ決まっていない
物件であれば、
事前に部屋の中を
見ることができます。

実際に入ってみると
 「ここで入居者は生活するんだな。」
ということがイメージできて、
よかったです。

駅から徒歩何分くらいの距離か?
レンジ周りの使い勝手はよいか?
水周りに不都合はないだろうか?と
「入居者目線」
で見ることが出来ました。

不動産投資は
 「入居者あっての投資」
だと感じています。

その「入居者」に
いつまでも心地よく
生活してもらうことが
大切ではないかと私は思います。

入居者の立場になって
相手の立場になって考える

この家賃収入が発生している大元は、
入居者がいるからだ。

いつも忘れてはいけませんね。
利回りも大切ですが、
入居者あってのこと。

必要以上に
利回りが高いだ、
低いだ。
ということは気にしていません。

入居者が日々の通勤
暑さ、寒さ、雨風をしのぎ、
快適に過ごしてもらっているか?
どれだけ入居者のために
よりよい価値を提供できているか?

 社会貢献できているのか?

そのような視点で
不動産投資をしています。

不動産投資でも
仕事でも何でも
そこには
人のためにという
社会貢献がなければ、
いけないのかな?
と感じている今日この頃です。

苦節10年の不動産投資アドバイザー 田島

苦節10年の不動産投資アドバイザー 田島

東京都在住 38歳 ロバート・キヨサキ氏「金持ち父さん貧乏父さん」を読んで、世の中に「権利的収入」という収入形態があることに衝撃を受ける。まず、行動したことがネットワークビジネスをすることであった。しかし、このビジネスに付随する「負のイメージ」に打ちのめされる。それだけならよいが、ご縁があった人との人間関係が途絶えてしまったこともあった。この時自分という存在が否定された気持ちになり、劣等感、敗北感を植え付けられた。
 そして、自分が不妊体質であることが発覚する。不妊治療は、保険適応されないことから全て自費(1回約100万円)であった。給与から治療費を捻出できないわけではなかったが、金銭的ストレスを感じていた。長期戦になることを覚悟するとともに、この戦いに勝つために継続的に治療費を捻出できる権利的収入があれば・・・・と心底感じ、切実な気持ちでいた。
 そんな中、東京中古ワンルームマンション投資に出会う。必死に取組んだ結果、5年間で東京23区に5戸の物件を所有する。
 現在約36万円の家賃収入を手にしており、自分が不妊治療という「お金の問題」を抱えていたが、世の中にはたくさんの方が様々な「お金の問題」を抱えていることから、そんな方達の相談に応じている日々である。
カテゴリー: 未分類   パーマリンク