賃貸住宅向けの太陽光発電の使い道

賃貸住宅向けの太陽光発電の使い道いろいろ。

1.すべての電力を買い取ってもらうこと。
電力販売の事業を興すのと一緒ですね。
賃貸収入に加えて、発電による収入も得られるようになります。
まさに宝の屋根。

2.賃貸住宅にオーナーが住んでいる場合は、オーナー宅のみ自宅用電源として使用。
残った電力は、売電。

3.オーナーが賃貸住宅の隣など、近くに住んでいる場合もオーナー宅のみ自宅用電源として使用可能。残った電力は、売電。

4.賃貸住宅の共用部分の電源として使用。
残った電力は、売電。

5.全戸の電源として使用。入居者のメリットを追求。空室対策に。

しかも一般住宅よりも屋根が広いため、発電量も多いのでお得。

特派員Y

特派員Y

特派員Yです。神奈川在住40代のおっさんです。
不動産投資に目覚めたのは2002年。2003年にはアパートを一棟購入。以来10年前間、地味に活動をしています。最近は一風変わったひとひねりある不動産投資に興味ありです。世の中には楽しみながら不動産を運営・経営している人がたくさんいます。私もそんな一人になりたいと思っています。このマガジンは不動産投資の日記、セミナー参加記録、調べたことなどを書いていきたいと思います。
カテゴリー: 太陽光発電   パーマリンク