RCは怖いなー

管理会社の担当から怖い話を聞きました。

RCマンションの雨漏りの話です。

木造アパートの雨漏りであればその都度、せいぜい数万から数十万、屋根全体でも50万もあれば修繕可能ですが、RCは、けた違い。数百万~千万単位なんだとか・・。
もちろんマンションなので規模もでかいのですけど、
聞いた話だと1200万もかかったとか。
しかも、修繕しても直らない、原因不明だそうで、
オーナーさんは貯金を使い果たしてしまったそうです。

雨漏りというのはそもそも原因が分かりにくいものなんですが、
木造の場合、雨漏り個所の原因にはパターンがあり比較的分かりやすいのに対して、
RCの場合、原因がなかなかわからないそうで、
とりあえず屋上を塗りましょうとか壁を塗りましょうとか、
あてずっぽうで全面的に修繕することになるそうです。

何が高いって、足場です。
あれを組むだけで費用の半分以上は持ってかれます。

雨漏りしている部屋は貸すことができません。
1棟丸ごと所有していれば独断で処置できますが、
仮にこれが区分所有だったら、管理組合を通して雨漏りの修繕を依頼したり、なんと面倒なことか。
一人の雨漏りで対応してもらえるんだろうか…。

特派員Y

特派員Y

特派員Yです。神奈川在住40代のおっさんです。
不動産投資に目覚めたのは2002年。2003年にはアパートを一棟購入。以来10年前間、地味に活動をしています。最近は一風変わったひとひねりある不動産投資に興味ありです。世の中には楽しみながら不動産を運営・経営している人がたくさんいます。私もそんな一人になりたいと思っています。このマガジンは不動産投資の日記、セミナー参加記録、調べたことなどを書いていきたいと思います。
カテゴリー: 不動産投資日記   パーマリンク